スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りと坐禅は車の両輪

4月10日(木)


 昨日、円覚寺山内の如意庵さんで、暁天坐禅会の方々との粥坐会が行われました。

横田南嶺管長にお出でいただき質疑応答の時間がありました。管長がお答えになった

一部をまとめてみました。


 祈りをずっとつきつめていくと結局最後のところは我を離れる、我を捨てるにいきつく。

自分のわがままと思いを離れてすべてをゆだねる。天の心のままにすべてをまかす。

これが究極です。


 キリスト教で言えば「御心のままに」です。我を離れてすべてをゆだねる。自分を

全部捨ててしまうこと。ゆだねることによって己を捨てる。


 坐禅は己を捨てよう捨てようとやっていって、なかなか捨てきれない。ですから

延命十句観音経などの祈りと上手に補完するといい。


 キリスト教と禅が交流しているのも究極のところで一致しているものがあるからです。

最後は神様なら神様に全部ゆだねる、己を捨てきる。坐禅によって己を捨てるのと

一つです。


 祈りが最終的にいきつくところは、自分のことを忘れて何か人の為に尽くすことです。

生きている間は己・自我は完全に消えることはないが、一心に祈っているうちに

段々と執着がなくなってきて人の為と思うようになり、そうなると天地自然と一つに

なってくる。


 坐禅だけではどうしても「捨てよう捨てよう」という思いがいつまでも残ってしまう。

であるから、かえって「病」になってしまうことがある。己を捨てるはずの修行が

いつの間にか「修行をしないヤツはだめだ!」というように人を責めるように

なってしまう。そうなったら、これは間違いです。


 あくまでも己を捨てる為の修行です。延命十句観音経などの「祈り」と坐禅は

補完し合って相乗効果があるのです。

blog-DSC03797.jpg

昨日は、午後から、 円覚寺山内・雲頂庵さんの望岳殿にて

満開のしだれ桜のもと、横田南嶺老師や雲水さんが出席し

東日本大震災追悼法要が行われました。




 

空の天気と我々の頭

4月9日(水)


 先日、横田南嶺管長と相見された方がお話の内容をまとめて送ってきて

くださったので掲載させていただきます。以下。

質問:

坐禅を経験させていただき、頭を空っぽにして思いを断ち切り、自然と融合、一体化することが

いかに難しいことかと思いました。どうすればそれができるのか、そして、それができれば

何が得られるのかを教えていただければと思います。

管長さま:

思いを断ち切ることは無理ですね。無理です。無理なことをやろうと思ったって、

無理でございますからね。ただ、できることを確実にやっていく。確実にできることは

何かというと、あんまり思っても無駄だということを知ることです。考えるということは、

結局、頭の中で色々なことを考えますから。考える、わずらう。考えたからって、

それほどのことはないんですね。むしろ考えれば考えるほど空回りしてしまう

ということは学べるんですね。あんまり考えすぎると、ろくなことはないんだということを学ぶ。

それを知っていれば、今度はどれだけ考えが湧いてきても別段平気なんですね。

どのようにして考えが湧いてきたか、考えがどういうものであるかということが

わかってくると、考えに振り回されなくなってくるんですね。

 今日はこれから雨でしょうね。そんなに騒がないですよ。でも、そういうことが

わからない人は、雲が湧いてきて大変だと思うかも知れません。雲が湧いてこようと、

お日様が消えようと、大したことないということがわかっておれば平気なんですよ。

雨を止めることは我々にはできません。でも雨が降ってきたって平気だと、

傘をさせばなんとかなるし、この雨はやがて止むんだということがちゃんとわかっておれば、

対応ができるわけですね。 

坐禅をして、考えを断ち切って、いつも綺麗な青空の心、それは無理ですよ。いろんな考えが

わっーとくるっていうのは、これは天気でいえば、自然と人間は一つなんですね。別段一体に

なろうということが間違えなんですよ。自然の一部で生まれてきてるんですから。 

 空の天気と我々の頭はよく似てると私は思ってるんです。もやもやもやもやとしても、

いいんじゃないですか、今日は曇りだなと思っていれば。雨も降りますよ。時には雷が

鳴ることもあります。私らでもたまには腹立てることもありますから。

でもいいんじゃないですか。夕立だなと思って見ておれば。やがて止んでいくんですから。

全部ひっくるめて自然の姿です。そんなに考えを断ち切ろう、断ち切ろうとは。

それが自然の現象ですから。考えを断つことはできませんけども、考えに振り回されなくなる

ということは可能です。天気と一緒ですからね。雨が降ろうと、明日から晴れるということが

わかっていれば、そんなに動揺しないわけでしょ。私らも坐禅したって、気が落ち込むことも

ありますよ。この間も、親しい人が亡くなると、どうも一日何もする気がなくて。

ああ、しまったなぁとば少し元気になるんじゃなかろうかと。そういう感じですね。

そして生きていれば、それが、自然と、自然と一つなんですね。

考えを断ち切って大自然と一体になるって、頑張ろうとせずに、皆さんが大自然の通り

に生きている、そう思っているんですけどね。ところが、この頃は大自然に逆らうことが

いいように思って。それは人間の自然の気持ちですから。そういう時はもう横になって、

明日になれて、アンチエイジングなんて、若返ろうなんて、まあそれはやめたほうがいいと

思いますけどね。(笑い)

降誕会

4月8日(火)


blog-DSC03785.jpg

 今日、円覚寺では10時から仏殿に於きまして「降誕会」の儀式が

厳かに行われました。

 2500年以上も前、お釈迦様の母上である王妃マーヤが、インド
     
に程近いネパールの「藍毘尼園(ルンビニー園)」にて、「無憂樹」
     
の花があまりに見事に咲いていた為、其の花房を手折ろうとして
     
右手を上げた瞬間、其の右脇からお釈迦様が生まれたと言われます。
 
blog-DSC03788.jpg

今の時代は病院で生まれ、病院で亡くなることが多くなりましたが

お釈迦様は 無憂樹というマメ科の木のもとで生まれ

娑羅双樹というフタバガキ科の木のもとで亡くなっています。

さらにお悟りを開いた場所も印度菩提樹というクワ科の木がありました。
      
それらは、のちに「仏教三大聖樹」と呼ばれるに到ります。
     
blog-DSC03778.jpg

 横田南嶺管長 降誕会の頌

意訳

 ゴータマシッダルタと呼ばれたお釈迦様が母胎を出ると

七歩、歩まれて、天上天下唯我独尊と言われたが、その一歩は

恰も雷のように響きわたった。

 今、私は、恭しくお釈迦様の御像に柄杓で一杯の甘茶を捧げます。

香ばしい甘茶を捧げると同時に、さわやかな風が地面を吹き渡って

来ます。

明日、降誕会です。

4月7日(月)

blog-DSC03780.jpg

スミレ 黄梅院

 坂村真民さんに『大地に花の咲くかぎり』という降誕会をうたった詩があります。以下

印度で芽生えた仏陀の木は

日本に渡ってきて  

初めて本当の花が

咲いたのだ

そのことを世尊は

どんなにかお喜びであろう

この洋上の国を

世尊はこよなく愛して

真の和平平等の花の仏国土を

建設しようと

今も働いています

ああ大地に花の咲くかぎり

仏陀のみ教えは滅びない

それをわたしは確信する

今日四月八日御誕生日に

(坂村真民全詩集第5巻より)

 明日は4月8日はお釈迦様がお生まれになった日です。

 円覚寺では10時から仏殿におきまして横田南嶺管長をはじめ、和尚さんや

雲水さんが出席し、「降誕会(ごうたんえ)」を行います。

 仏殿の須弥壇壇の前には、たくさんの花々で飾った花御堂が置かれ、

その中に天上天下唯我独尊のお像が安置され、お経をあげ、甘茶をそそぎます。

 皆様のご参加をお待ちしております。






 

 













時宗公ご命日

4月4日(金)


 今日は円覚寺開基・北条時宗公のご命日です。

1284年4月4日 享年34歳でなくなられました。

17歳という若さで執権に就き

元寇という日本開闢以来の国難に

毅然と対処されました。

 国の危機存亡を担う重責による心労は

はかり知れるものではありません。

時宗公も人間ですから、気が弱くなる時もあります。

そんな時に円覚寺開山の無学祖元禅師が精神的指導者と

なって時宗公を支えたのでした。

blog-DSC03769.jpg

 ちょうど時宗公のご命日を莊嚴するかのようにお廟の前の参道に

山吹が咲き綻んでいました。

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。