スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏心光明の中

6月25日(火) 半制大攝心・6日目

blog-DSC01984.jpg

<僧堂・中庭にて>


 管長様が提唱されたことをまとめてみました。


 思益梵天経に次のような話があります。ある人が「本来私たち誰もが持っている

心の光明に気がつくためにはどのような修行をしたらいいですか?」と尋ねました。


 文殊菩薩は「あらゆる行の中で我見を清浄にすることが大事である」と

答えました。我(われ)なし、無我です。我というものが本来、空(くう)である

と見るのが真実のものの見方です。


 無我の法を得たるがまことのものの見方、我が空であると見たものが

真の仏を見たものである。我というものがどこにもないことこそ仏性である

とそのお経には説かれています。


 仏性というのは何も仏性というかたまりがあるわけではない。我に対する

執着・とらわれからきれいに離れたところがそのまま仏性であります。

自分に対する執着・とらわれを離れたこころの様子に他なりません。


 執着・とらわれを離れたなら、そこは仏心光明の中です。そのことに

気がつき目覚めたならば、今ここにいるところが仏心光明の真っ只中です。


 自分の置かれた環境で無心にあい努める、それ以外に仏心に目覚めたものの

姿はありません。今、この目に前で只今なすこと、見ることが尽く真実の姿です。

この我に対する執着・とらわれから離れる修行です。



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。