スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶妙なバランスの上に

6月14日(金)


blog-DSC01929.jpg

 今日は朝から雨ですね。葉っぱの上にも、本当に絶妙なバランスの上に水滴ができて、

しばらくすると、流れて落ちていくのを繰り返しています。

blog-DSC01928.jpg

 私たちのいのちもこの水滴のように絶妙なバランスの上にいただいているのかなと

ふと思ってしまいました。

blog-DSC01926.jpg

アジサイも雨をいただいて活き活きとしています。

blog-DSC01909.jpg

 こちらは、僧堂の雲水さんが円覚寺境内で収穫した梅を漬ける作業

をしている様子です。梅の黄色がきれいですね。

blog-DSC01912.jpg

 6月18日は観音懺法(せんぽう)という儀式が山門の上で行われます。

それに向けてに和尚さんや雲水さんなどが掃除をしていました。

blog-DSC01917.jpg

山門上から仏殿を望む。

blog-DSC01924.jpg

何だか矢沢永吉さんを彷彿させるようなポーズをとる、躍動的な

十二神将像。もちろん、ディスコではなくて、山門上に

安置されています。

blog-DSC01925.jpg

 こちらも十二神将像の一つです。十二神将に共通しているのは

やはり、おなかの下、下腹部の丹田がゴムまりがあるようにぷっくりと

充実していることです。丹田に重心を置いて作られているなと

つくづく感じます。

 坐禅をするときも丹田を意識して、それを充実させるように

坐ります。こういったお像を拝見すると丹田が重要なことをヴィジュアル的

によく表しているなあと関心させられます。

(後記)

 明日の土曜坐禅会2部では、管長様に提唱をしていただく予定と

なっております。「無門関」が前回で終了しましたので、今回から新たに

「臨済録」を提唱していただく予定です。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。