スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坐禅の姿勢について

4月21日(日) 入制大攝心・2日目


 今日も、管長様は昨日に引き続き朝比奈宗源老師の「直説坐法」について

提唱をされました。坐禅の姿勢について詳しく紹介されていますので

一部を抜粋してみました。


 「背骨を真っ直ぐに立てて、尻をー尻の穴が後ろに向く位に、こうして下腹を

前に出して上半身を少し揺るがすようにして、まわってる独楽がだんだんと

とろんでいくように、自分の一番安定するところに落ち着ける。


歯は奥歯をがっちり合わせる。達磨さんは口をへの字に結んでおります。

あれは奥歯を噛み合わせたらああなる。慌てたとき歯の根が合わぬといいますように

歯の根が合わぬときは決して落ち着きません。


 舌べらは上顎につけ、眼は閉じない。閉じると寝たり、妄念が出やすい。必ず

半眼にして視線を前にし、臍舌二寸五分くらいのところに力をいれる。そして

息を数えるのがよろしい。


 息を一つから吸って、吐いて、ヒトーっとして、一から十になったら亦一つから

始める。ところが数をよむと言ったら何でもないようだが、我々の心というものは

直にものを考える癖がついている。


 息をはっきり、はっきり数えることは容易ではない。三つとか四つ数えると

もうどこかへいってしまう。又妄念が出たと、一々気にかけるのもいけない。

出たと思ったら、すうっとだまって数を続けることだ。


 臍の下二寸五分位、丹田といいますが、臍下丹田に力を入れる。これが一番

妄念が出ない。」

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。