スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼・復興祈願祭

3月11日(月)


blog-DSC00987.jpg

今日は、カトリック雪ノ下教会大聖堂での、神道・仏教・キリスト教

3者合同の追悼・復興祈願祭に出席して参りました。

blog-DSC00988.jpg

 この行事は、鎌倉の宗教者が宗旨・宗派を超えて集結し、

合同祈願祭を行うもので、一昨年は鶴岡八幡宮、去年は建長寺

今年は雪ノ下教会が会場となりました。

blog-DSC00990.jpg

 十字架の前に「東日本大震災殉難物故者各各霊位」と書かれた

お位牌が置かれています。

blog-DSC00998.jpg


blog-DSC00991.jpg

 午前10時から各宗教・諸宗派による「祈りのリレー」(各30分)

が始まりました。

まずは、清泉小学校児童による賛美歌。

blog-DSC00993.jpg

真言宗のお坊さんによる読経。

blog-DSC00995.jpg

神道による雅楽奉奏。

blog-DSC00997_20130311180337.jpg

建長寺さんのご詠歌奉詠。

blog-DSC01002.jpg

そして、われわれ円覚寺の和尚さんと雲水さんによる読経。

blog-DSC01013.jpg

 14時半から式典が始まりました。はじめにキリスト教諸宗派による祈りが

行われたあと、14時46分に1分間の黙祷。その後、カトリック教会による

追悼の祈り、日本基督教団による復興の祈り。そして、鶴岡八幡宮による

神道清め祓いと続き、最後にわれわれ、仏教会の出番となりました。

blog-DSC01018.jpg

 仏教会では、まず、管長様が漢詩をお唱えになりました。

この漢詩は、管長様が一般の人が聞いても分かるように

工夫して作ったそうです。(ちなみに分かりやすい漢詩で

平仄を合っているというのは、大変難しいことです。)

「震災 原発 大津波

 忽ち二年 歳月 過ぐ

 神仏 頭を聚(あつ)めて 至心にいのる

 復興の歓喜 山河に満ちんことを」

そして、観音経世尊偈を奉誦。

blog-DSC01019.jpg

 (管長様の白い袈裟に蓮の花が描かれていますね。)

最後に献花をして退堂となりました。

 被災地の皆様が、少しでも悲しみが癒え、再び、明るい笑顔が戻りますよう

に切にお祈り申し上げます。有り難うございました。

 (後記)

 式中の写真は、kさん(如意庵の植木屋さん)に撮影していただきました。

有り難うございました。

blog-DSC00986_20130311185351.jpg

 今朝の暁天坐禅会は17名の方が参加をされました。

皆様、有り難うございました。



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。