スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法堂跡に咲く梅

2月26日(火)

blog-DSC00891.jpg

仏殿の屋根を背景に <法堂跡>

 法堂とは、住持が説法をする場所です。今風に言えば「説法ホール」とでも

いうのでしょうか。円覚寺では1323年に9代執権北条貞時公の13回忌法要に

合わせて法堂が建立されました。(円覚寺創建から約40年後のことです。)

 
 法堂建立にあたって、寄付をした人の中には、足利尊氏公の父・貞氏公

も名を連ねており、10年後の1333年に鎌倉幕府が滅亡することを思うと

なかなか、感慨深いものがあります。


 その法堂も応安の全山焼亡(1374年)により焼失し、今ではその跡地に

四季折々、草木や鳥達が立派に法を説いています。

(後記)

blog-DSC00894.jpg

 総門近くで、久しぶりにしいちゃんと遭遇。うわさには聞いていましたが、

なんだか、倍くらいに太っていました。なにはともあれ、元気そうで

安心しました。良い面構えとなりましたね!





コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。