スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝えていくこと

1月26日(土) 制末大攝心・最終日


 管長様が今日の僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


神社本庁の方が冊子でつぎのようなことをを書いておられました。

「今、伝統文化というものが、人々に通用しない時代になりつつ

あります。(本当の)伝統というものは、単に昔のものをそのまま

コピーして保存したものではありません。


 時代も変われば、人も変わりますので、古来から伝えられたものの

本質を大切にしつつもその時代、その時代のものを取り入れ、

伝統の上に新たに積み上げていかなくては、伝統は形骸化し

継承されなくなってしまう。形ばかりの死んだ伝統を伝えるばかりでは

だめであります。」


 私達の修行も伝統を大切にする修行であります。それと共に絶えず

今の社会に対して、今の悩み苦しんでいる人に対して何を発信したら

よいのか問い続けなければなりません。


その為に、まず、今残されている伝統の修行の型を学んで、また

歴史や文化などもしっかりと学んでいかねばなりません。


 そこにとどまらず、さらにその時代に合う新しい命を付け加えて

発信して次の世代に伝えていくことが、今の我々に必要なのでは

ないでしょうか。


 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。