スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悟りをひらいたなら

1月25日(金) 制末大攝心・6日目


 管長様が今日の僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 朝比奈宗源老師は、「悟りをひらいたなら、複雑怪奇な現実社会に

出て、自由自在に働いて、人の為に悩み抜き、苦しみ抜いてあげなければ

ならない。」と仰せになっています。それこそ、まさに衆生無辺

誓願度の願いであります。


 白隠禅師は、最初、自分の心の苦しみからのがれる為に修行を

はじめましたが、後に「菩提心とは悟りを求める心であるが、それは

単に自分だけ悟りをひらいて満足するのではなく、人の為に尽くす

ことこそ菩提心である」と気づかれました。


 仏道を修行しようと思ったら、人々の為に尽くしていこうという

願いをもたなければなりません。それには、まず、自分の修行をして

仏心をはっきりさせる。


 そして、それにとどまらず、いろいろな人々の様々な苦しみを

肌で感じ、そういう人達に「この仏心をどう教えていったら

いいのか?」を絶えず学ばなくてはなりません。


 そうやってやっておれば、自ずと自分自身の煩悩が無くなって

くる。自然と自分の欲望や楽しみに振り回されることも少なくなる

はずです。


 坐禅をして、自分は仏心の真っ只中であるとしっかりと実感

したうえで、あとは、現実社会の中に入って、悩み苦しむ人々と

いっしょに悩み抜く、苦しみ抜いていこうという願いを持って

働いていく。これが私達の修行でなければなりません。





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。