スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を籠(こ)める

1月21日(月) 制末大攝心・2日目


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 何においても心を籠(こ)めるということが大切であります。

おおざっぱに、ただ、バタバタとやるのではなく、一つ一つに

心を籠めていく。


 坐禅をするときには、一息一息、一呼吸一呼吸に心を籠めていく。

この心を籠めていく、その心こそが仏であります。


 そのことに気がついて、その一つの教えを伝えてきたのが、

お釈迦様以来、ダルマ様などの祖師方であります。


 中国、唐の時代の禪僧、馬祖道一禅師は、そのお示しの中に

「心を籠める、その心こそが仏である、こう信ぜよ。」と

仰せになっています。仏様と思って手を合わせる、その手を

合わせる心こそが仏であると。


 ダルマ様がはるばるインドから中国に渡り、お伝えしようと

したのは、この一心、この心に他なりません。この心とは別に

仏様はよそにありはしない。仏の他に別に心なしであります。


 天地(あめつち)の 心はおのれの 心なり

    ほかに心の ありと思うな


 天地一杯の仏心こそ、わが心であります。それ以外によそに

心はありはしない。自分自身、これが仏であります。


 「見たり、聞いたりしているもの、今ここで確かにこうして

生きているもの、これこそ、なるほど、仏である。」とこう

気がついてもらいたい。それが、今に到るまで連綿と伝わっている

お釈迦様の教えであります。




 

 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。