スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浩然の気

1月20日(日) 制末大攝心・初日


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 明治時代の円覚寺初代管長であられる今北洪川老師は、「孟子」

の中の「浩然の気」という一文に出会ったのが禅の道に進む一番の

きっかけでありました。そしてこの「浩然の気」を生涯行じたので

あります。


 ではこの「浩然の気」と何でありましょうか?それは天地にみなぎる

気であります。この大宇宙の主人公になった気持ちで、どっかりと坐禅を

する。腰骨を立てて丹田・肚を練っていれば、「自分は天地一杯のいのちを

生きているんだ!」体で感じ取ることができるはずです。


 この天地一杯のいのちが「浩然の気」であり、天地一杯のいのちを

生きることが禅の道といっても過言ではありません。


 次のような俳句があります。

 たえてさく 花にいのちを 重ねけり


 おそらく、寒中に、枯れ木に見まごうばかりの、梅の老木に咲く

一輪の花を自分のいのちと重ね合わせた歌であろうと思います。


 「浩然の気」とは、また、天地に恥じることのないいのちとも

申し上げていい。枯れ木に咲く一輪の花が咲いている姿は、すなわち

天地一杯のいのちの姿であります。


 わがいのちをその精一杯咲いている一輪の花に重ね合わせて

恥じることのない生き方をしているか?


 洪川老師は、「浩然の気」を体悟して「私の体の内に

蓄えていた気がこの世界に満ちあふれている。どこもかしこも

光で一杯になっている」と気づかれました。


 皆さんには、ぜひこういう体験をしてもらいたい。

blog-DSC00546.jpg

万作(まんさく) <黄梅院>




コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。