スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至誠

1月15日(火) その2

blog-DSC00460.jpg

 こちらは、昨日、円覚寺で行われる成人式で贈呈される予定

だった、管長様揮毫の「至誠」の色紙です。残念ながら、雪の為

中止になりましたので、管長様が作ってくださいました「至誠」に

ついての説明文をつけて、郵送されることになりました。

説明文の内容は以下です。

[ 至誠ーまごころー ]

「至誠」とは、この上なく誠実なこと、まごごろを表します。

中国の古典{孟子}には「誠は天の道なり。誠を思うは人の道

なり。至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり」と

説かれています。

 
 平易に訳してみますと「天地万物にあまねく貫いているのが

誠であり、天の道である。この誠に背かないようにつとめるのが

人の道である。まごころをもって対すればどんな人でも感動させない

ということはない。」


 まごころをもって接すれば、どんな人でも動かせる力があるという

ことです。ただし、その至誠、まごころは一時だけのものに終わっては

なりません。


 これも中国の古典{中庸}には「至誠無息<至誠息(や)むこと無し>」の

一句がございます。この上ない誠実さ、まごころをもって生涯を貫く

ことです。{中庸}には「至誠息むこと無し」の後に「息(や)まざれば

久し。久しければ徴(しるし)あり」と続きます。


 「この上ない誠実さ、まごころを怠ることなく、あきらめずに保てば

長く勤めることが出来る。長く勤めれば必ず目に見えるしるしが顕れる」

という意味になります。


 まごころを持って、倦(う)まず弛(たゆ)まずどこまでも貫いて、

途中でやめることさえしなければ、必ず目に見える成果が現れる。

どんな人でも、世の中でも変えていく事が出来るということです。


 嘘偽りの多い中でも、頼りとすべきはまごころひとつ、お互いの

まごころを貫いてまいりたいと存じます。まごころを持っていけば

必ず道は開かれると信じてまいりましょう。

(後記)

blog-DSC00499.jpg

 <舎利殿> 昨日の大雪の時の写真です。

blog-DSC00502.jpg


blog-DSC00491.jpg

<山門>










コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。