スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刻苦光明

12月8日(土) 臘八大攝心 初日


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 臘八初日にあたって、やはり思い出すのは、

森信三先生の人間の真価をはかる2つの目安についてであります。

それは、


 第一は、その人の全知全能・自分のあらゆる気力能力を一瞬かつ

一点にどれほど集中することができるのか。


 第二は、睡眠を切り詰めても精神の力によってどこまでそれを

乗り切ることができるか。


 というものです。これは、私達の臘八の修行もまさしくその通り

なのであります。今のこの一瞬、この一呼吸にどれだけ集中できるか

です。


 その為に腰骨を立てて、始終お腹に力を入れる。そうすれば、

尽きることのない気力・力を得ることができます。


 森先生は、子どもの教育に何が一番大切なことかと問われて

それは常に腰骨を立てている人間になることであると仰せに

なっています。


 自分で腰を立てて、始終、お腹に力を入れて、息をなるべく長く

はくようにであります。


 また、臘八では「古人刻苦光明必ずや盛大なり」という言葉が

掲げられますが、あの白隠禅師ほどの人ですら、1日3回この言葉

を唱えて修行をなさいました。


 刻苦光明です。自分でつらい、苦しい思いをした分だけ、光明・

光となっていきます。


 そのことを胸に刻んで、最後まで気力を振り絞ってやって

いただきますように。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。