スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無常について

12月5日(水) その2


 管長様が淡青坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。


 「無常」と言いますと、ものが移り変わる、形あるものが

滅びていくと私達は思いますが、お釈迦様の悟りから申し上げれば、

心というものも、一念一念、一瞬一瞬、生じては滅していく「無常」

であります。


 只、その生滅の度合いが誠に速やかで早いので、私達はずっと同じ

場所で同じ状態であるように見えています。心というものは、いのちと

言っても同じですが、昔の蛍光灯のようなものであります。


 蛍光灯というのは、実際は点いては消えるを繰り返している

のですが、ただその点滅が細やかで速やかであるために、

私達にはずっと点いているように見える。


 いのちも生じては滅し生じては滅しの繰り返しで一瞬たりとも

同じ状態ではないのですが、その一瞬一瞬の心の変化に気づくほど

私達は敏感ではないので同じであると錯覚してしまう。


 いのちも生滅を絶えず繰り返し、一瞬たりとも同じ状態ではないと

いう真理に気がつけば、「これが自分である」「これが自分の身体である」

「これが自分のものである」と執着する対象のものはありえないのです。


 ですから、無常ということがわかれば、無我であり、空であると同義

であると言ってもよいのです。


 この無常の真理をあるがままに受け止めて一瞬一瞬、一日一日、

このいただいたいのちを生きていく他にはないのであります。

(後記)

  今日の淡青坐禅会は、管長様の提唱があるということもあって

 24名もの方が参加をされました。皆様、お疲れ様でした。

 有り難うございました。


 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。