スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地一杯の命

11月21日(水) 月並大攝心2日目


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 仏心は天地一杯の命であります。春になれば、草木に花が咲く

のも、秋にこうして紅葉するのも、虫が鳴くのも、鳥が空を飛ぶ

のも、みんな一杯の命であります。


 草木、虫、けもの、山河大地、みなひっくるめて一枚の仏心です。

仏心の他に蟻のひげ一本もありはしない。この世に、仏心ならざるものは

ないのであります。


 坐禅をして、今まで自分だ自分だと思いこんでいた、この何かかたまり

のようなものがガラガラと音を立てて崩れると「自分は、なるほど、

天池一杯に満ちあふれている、生まれたということもない、死んで

どこかにかくれるということもない、もうこの天地一杯に充満していて

どこにも行きようはありはしない。」という無我の道理に気づくはずです。


 この道理に気づいて「もう、どこにも行きはしないのだ。今に生き通しの

命である。」と自分の身体全体が喜びに打ち震えるでしょう。


 無常であり無我ということは、決して時間的に暗い、物寂しい見方では

ありません。また、涅槃寂静というと、何やら死んで枯れてしまうように

思われがちですが、そうではなく、天地一杯に充満した命の大いなること

深さであります。

blog-DSC00240.jpg


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。