スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな時代であっても・・・

11月20日(火) 月並大攝心初日


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 村田和上という方はすべてを捨てて念仏一筋のところが、

私たち禅僧以上に徹底していたので、何人もの禪僧が和上に

問答に行きました。若き日の朝比奈宗源老師もその一人で

ありました。


 ある禪僧が和上に「善悪とは、どういうことでしょうか?」と

たずねました。「何が善で何が悪か?」これは、非常に

難しいことであります。


 「昨是今否(さくぜこんひ)」という言葉がありますが、

昨日まで良いことが今日はもう一変に悪いことになることは

多々あります。


 「何が善で何が悪か?」について和上は、たとえ話を用いて

こうお答えになりました。


{ある町で大火事があって、町の大部分が焼けてしまった。

調べてみると、ある男が保険金欲しさに付け火をしたそうな。

町中の人はみんな怒ってその男を悪魔のように言い立てた。


 ところがあちらこちらから、義援金や見舞いの品、あるいは

補助金が集まって来て、町は前よりも立派になった。となると

町の人々は、前は悪魔呼ばわりしていたのに、今度はあいつの

おかげで町が良くなったと功労者扱いになってしまったとさ、

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏。}


 人間の世の善悪とはそういうものであります。

私たちが求めるものは「世の中の善悪にかかわることのない

真実は何であるか?」であります。これは、みなさん、自分で

求めなくてはなりません。


 お釈迦様は、それを無常・無我・戒律の五戒であると仰せに

なっています。どんな時代でも決して移り変わることのない真実

、微動だにしないものを自分で体得していただきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【どんな時代であっても】

11月20日(火) 月並大攝心初日 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。 村田和上とい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。