スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちを込める 

11月15日(木) その2


 管長様が僧堂攝心(先月の10月23日)で提唱されたことをまとめて

みました。


 私たちの何気ない仕草、一挙手一投足というのは、お檀家さんなどに

全部見られているはずであります。ですから、お経だけ読めればいいもの

ではありません。


 お経を読むにしてもどれだけ「今、命あることは有り難いことか」という

気持ちを持って、それに深い感動をしてしみじみ読むことができるかが

肝心要であります。


 坐禅堂に入るときも、ただ形だけ、手を合わせ頭を下げるのではなく、

「坐禅をさせていただいて有り難い、どうか宜しくお願い致します」という

気持ちを込めて合掌低頭をすることが大事であります。


 講座の前に講本(テキスト)をひろげる時も、「この教えをいただいて

本当に有り難い」という気持ちがあれば、講本を押し戴いた時に一瞬止まる

はずであります。この間が大事なのです。「有り難い」という念があれば、

合掌して頭を下げても一瞬止まるはずです。


 あるいは、食事の時、「このようにお粥をいただけて、本当に有り難い」

という気持ちがあれば、手を合わせた時に一時(いっとき)止まる。

そこに気持ちが籠もるのです。

 
 また、我々でも、お布施をいただいた時、「これはこれは、お布施を

いただきまして恐れ入ります」と押し戴いて必ず止まるはずです。



 規則とか型というのは、形だけ教えたり、覚えたりすればそれでいい

というものでは決してありません。「有り難い」という気持ちを込める

ことが大切なのです。


 「有り難い」という思いや念を込めて、ちょっと間を置くこと、

 一瞬止まって気持ちや念を込めることであります。

blog-DSC00222.jpg

万作(まんさく)の葉っぱにも秋が訪れました。

 <黄梅院>





 


 


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。