スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の宝

11月14日(水) その2


 管長様が前回の僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


「オレのだ!オレのだ!」とため込むことばかりに執着していれば

最期死を迎えてそれら手放す時の苦しみははかりしれません。

はじめから無一物というところに親しんでいるのが「禅」の生き方で

あります。


 「何にもないことに楽しんでおれる」という、こういう心境を養って

おれば、「あればあったでよし、なければなくてよし」という心鏡を

養っておれば誠に賢明な生き方です。


 今あなたにとって一番の宝は何でありますか?人に訊けばそれぞれ

言うでしょう。先祖代々伝わっている掛け軸だとか、家屋敷・田畑だ

とか、また、自分の家族だとかそれはわが子であると。


 しかし、一番の宝はこの各々持って生まれたこの命、この心であります。

これ以上の宝はありません。


 お釈迦様は「やがて死するもの、今、命あるは有り難し」という言葉を

遺しています。この「今、命あるは有り難し」ということにどれだけ

深く感動した体験があるかが、お坊さんとして、宗教者として、はたまた

誠に人生を生きるものの値打ちなのではないでしょうか。


 大切なことは、知識が豊富であるとか、財産がたくさんあるとか、

社会的地位が高いとかよりも、真に「今、命あるは有り難し」という

この一事にどれだけ深い感動を持っているかであります。

(後記)

   今までの管長様の提唱で、その時紹介できなかったものを、

   折に触れて、紹介していきたいと思います。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。