スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心叟老師7回忌

11月9日(金)


blog-DSC00213.jpg

 今日は、東京・白山の龍雲院(白山道場)に斎会のお手伝いに

行って参りました。龍雲院は現在、管長様が兼務住職をしています。

そのお寺の先先住である研山和尚様の50回忌と先住であり、

管長様の出家・得度のお師匠様であられる心叟老師の7回忌

でした。
 
blog-DSC00212.jpg

 まるで生きてそこにおいでになるかのようなすばらしい頂相が

掲げられていました。

心叟老師は、建仁寺・竹田益州老師の法を継がれた方の一人で、

龍雲院(通称 白山道場)において坐禅会など多くの人々の教化に

尽くされ、まさに「衆生無辺誓願度」の一生を送られました。

blog-DSC00211.jpg

 斎会にあたっての管長様の偈頌です。

恐れながら、意訳してみました。

「今日、研山和尚の50回忌と心叟老師の7回忌を迎えた。

お二人のことをいろいろと思い慕うこの斎会。

いただいたご恩すべてに報いることはかなわないけれど

せめて、今はただ、一握りのお香を焚いてお二人に捧ぐ。」

blog-DSC00214.jpg

 建長寺や京都・東福寺の管長様、祥雲寺の老師様などが

参列され、厳かに式が営まれました。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。