スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私達の心のおおもと

10月21日(日) 入制大攝心2日目


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 お互いのこの心をはっきりとさせる、これが私達の修行の目的で

あります。私達のこの心は向けようによっては、仏ともなり、鬼とも

なります。心をどこに向けるかによって、迷いともなり、悟りとも

なるのです。この迷いが全部除かれて、お悟りがあらわれてくるわけ

ではないのであります。


 結論を言ってしまえば、私達各々が生まれ持っているこの心と

いうのは、誰一人例外なく、仏様と同じ源を持つ心なのであります。


 しかし、現実は、この本来生まれ持っている素晴らしい心を自分で

蓋(ふた)をしてして、覆い隠してしまっているのです。


 怒り、貪り、憎しみという蓋。暗い、沈む、ざわめくという蓋。

疑い、ためらいという蓋・・・。そうして自分で自分に蓋を閉ざして

しまって、自分を見失っているのです。このように、只、五欲の趣く

ままにしてしまえば、心の迷いのようすであります。


 この心の内に目を向けるのが坐禅であります。この心のおおもとは

何であるか?見たり聞いたりしているこの意識の一番のもとはなんで

あるか?と尋ねに尋ねていきます。


 そうすると、それこそ、そこは、生まれたと死んだとか、自分だとか

他人だとか、というもののない平等一枚の世界に気づきます。


 朝比奈宗源老師の言葉をお借りすれば「永遠に安らかな、永遠に

浄らかな、永遠に静かな、光明、光に満たされている。仏心には

罪やけがれは届かないから、仏心はいつも浄らかで安らかである。」


 これが私達の心のおおもとであります。


このことをはっきりとさせるのが私達の修行であります。

blog-DSC00144.jpg

タンポポ <居士林>

blog-DSC00145.jpg

 昨日の土曜坐禅会は、初心者の部70名、経験者の部42名

晩の部9名でした。これだけ大勢の方が円覚寺・居士林で

坐禅を経験していただけることは、本当に有り難いことです。








 


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。