スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翡翠(カワセミ)

10月8日(月)

blog-DSC00106.jpg

 円覚寺山内の妙香池には、時々カワセミ(翡翠・川蝉)が飛んでいる

姿を見かけます。虎頭岩の上から獲物をねらっている姿です。

blog-DSC00111.jpg

カワセミと言ってもミンミン鳴く蝉(せみ)とは関係なく、

青土を表す「ソ二」という言葉が「ソビ」→「セミ」と転じて

「セミ」になったとのことです。

blog-DSC00109.jpg

両翼の間からのぞく背中の水色が鮮やかで美しいですね!

その色の美しさに思わず、見とれてしまいます。

この美しい外見から「渓流の宝石」とも呼ばれています。

blog-DSC00108.jpg

 シャボン玉が光の具合によって様々な色に見えるように

カワセミも本来は青くはなく光によって青く見えたり

緑にも見えるとのこと。宝石の「翡翠(ヒスイ)}は

この鳥の羽の色に由来して名付けられたそうです。

 日本のカワセミは河川の護岸が進むと巣の出来る場所を

失い20世紀に著しく減少したそうです。こういう動植物と

共生できる環境を少しでも後世に伝えていきたいものです。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。