スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きることが何よりの供養

9月10日(月)


 管長様が昨日の日曜説教会で提唱されたことをまとめてみました。


 (管長様が、先日、紀伊半島大水害の1周忌慰霊祭に出席した時のお話です。)

 
 私の目の前に坐っているご遺族の一人というのは、お母さんと娘の

二人暮らしをしていました。そして、去年の大水害の時、二人は家ごと

流されたのですが、奇跡的に娘さんだけが助かってお母さんは未だに

行方不明のままで、この慰霊祭に参列して座っている方でした。


 最初その娘さんにご挨拶した時は、慰めの言葉もございません、ただ、

手を握るだけでした。


 お経が終わって、その娘さんに申し上げたんです。

 「その悲しみは察するに余りあるものですが、どうか、

亡くなった人の気持ちを考えてみてください。たいへん、

話ににくいことですが、お母さんがどういう気持ちでお亡くなりに

なったのか察してみてください。お母さんはそういう家ごと

流されていって死を覚悟した時に{自分のいのちは亡くなっても

どうか娘だけは助けて欲しい}と切に願ったことでしょう。

 だから、生きてください。」と。


 観音様のこころをよくお話ししますが、観音様は人が困っていれば、

火の中でも助けてくださる。水におぼれていれば、水の中でも

救ってくださいます。


 あの洪水にのまれても、「どうか、自分の子供だけは助けて

ください!」と願うお母さんのこころは、まさしく観音さまの

こころそのものであります。


 だから、生きてください。生きることが何よりの供養であると

申し上げたんです。


blog-P9051096.jpg

鈴虫花 <黄梅院>








 

 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。