スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちの尊さと母の思い

7月24日(火)


 管長様が先日の夏期講座で提唱されたことをまとめてみました。


 よく自殺の問題があると「いのちの尊さ」「いのちの大切さ」

が声高に叫ばれます。けれども、ああいう言葉は、残念ながら

叫べば叫ぶほど無力に思われるのです。


 お寺をお預かりしていると自分の子供さんを亡くした

親の悲しみに接することがあります。特に自分の子供を

自殺で亡くした母親の悲しみは、これは、言葉では表現

できないものです。


 そのお宅にお参りすると27回忌を過ぎても、初盆と同じような

お飾りです。27年が経過しようとも、遺影は子供のままであります。


 そのお母さんの悲しみなんてのは決して消えるものでは

ありません。流した涙の量ははどのくらいでしょうか?

昔の人は海の量に匹敵すると言いました。まさしくそうだろうと

実感されるのであります。


 そんなお母さんの悲しみを思うと、その悲しみの深さが

また、その涙の量がいのちの重みであると思われるのです。


 だから、親のことを思うと生きて欲しいのです。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。