スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講了

7月11日(水)制末大攝心・最終日


 今日は講了と言いまして、4月から7月まで毎月1週間ずつ

大攝心(集中的に坐禅をし、毎日提唱を拝聴)をしてきましたが、

これで講義の終了、一つの区切りとなります。次は、10月からはじまります。

 終わりにあたって管長様が偈(宗旨を含む漢詩)をお唱えになりました。

blog-P7110825.jpg

「一夏 喃喃として 百非を論じ

却って知る 罪過天にみつることを

今朝 巻を収めて 下堂し去る

閑かに看(み)る 白雲の洞裏に帰るを」

恐れながら、意訳してみました。

「みんなに仏心に気づいてもらいたいが為に

4月から今日までいろいろと提唱をしてきたが、

やれやれ余計なことをしゃべって、かえって

罪作りなことをしてしまったわい。

 今、講本を閉じて、宿龍殿(講義場)をあとにする。

ゆったりとしてながめる、白い雲が大空を流れていくのを。」

blog-P7110827.jpg

<宿龍殿>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。