スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白隠さんの志

7月9日(月)制末攝心5日目


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 そのうちに富士山が大噴火するのではないかと世間では

話題になっています。江戸後期、臨済宗の中興の祖、白隠禅師が

23歳の時に富士山で宝永の大噴火が起こりました。白隠禅師は

原の松蔭寺にいましたから、まさに富士山のふもとであります。

その時に白隠さんは大噴火からどう身を守ったと思いますか?


 大地震・大噴火が起こったとき、白隠さんは禅堂で坐禅をして

いましたが、まわりの雲水や寺の人達もみんな外に逃げ出して

しまいました。白隠さん一人禅堂内にあって動かず、周りの人が

「外に出ろ出ろ!」と言っても、坐禅をやめようとしない。


 白隠さんはその時心の中でこう誓ったそうです。

「自分がもし悟りのまなこを開いて世の中の為になるような立派な

坊さんになるのなら、この程度の大噴火でいのちを落とすはずがない!

天の神々が守るはずである。

悟り開けず、たいしたことのない坊さんになるのなら、今ここで死んでも

かまわない!」


 そう誓って坐禅をしたまま動かなかった。自分を試した。

そして、自分のいのちを天に任せた。


 しばらくして、揺れも止んでどこにもかすり傷一つなかった

そうです。そして、翌る年24歳の時に大きな悟りを開き

あれだけの働き、活躍をされたのでした。


 まねはしなくとも,その志だけは少し心にとどめて

おいてください。

blog-P7090821.jpg

<黄梅院>

blog-P7090823.jpg





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。