スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想を言えば

6月26日(火)半制大攝心・最終日


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 正しい法、真理というものは、「これが正しい法である!」

「これが真理である!」と意識するようなものが、ほんのわずか

でもあれば、それは本当の真理ではありません。


 正しい法・真理が特別にあると思ってしまいがちですが

決して外にあるのではありません。本当のところを言うと

「正しい法」という言葉もなくなったところが本当の

「正しい法」なのです。


 「禅」だ「坐禅」だとこの頃世間でわりに注目されて坐禅会に

みえる人も多いようですが、では、「禅」というものに特別何か

あるか?というと別段「これが禅である!」といものがあるわけ

ではないのです。


 最近、多くの人が円覚寺に坐禅に来ますが、それがを単純に

有り難いかどうかというと少し複雑であります。世の中では宗教の

名を借りて人をだますような、いかさまなの教えのところに行くよりは、

ただ、無心に坐禅をしたほうがいいのかもしれない。あるいは、誤った

教えに触れたために、大勢の若者がせっかくの人生を棒に振るって

しまう事件がありましたが、そうなるより、静かに坐ったほうがいいの

かもしれません。


 しかし、理想をいえば、みんなが本当の自己、本当の自分に目覚めて

毎日の暮らしを生き甲斐を持って、いきいきと働いていることであります。


 そして、特別なことをせずとも、各自それぞれが、それぞれの生活の中で

明るく楽しく生きることができる、理想を言えばそれが理想であります。


 私達はついつい「正しい法」と「仏心」とかの言葉を聞き、学んだりして

すばらしいものがよそにある思いがちですが、そのようなものさえ

殺し尽くして、各々一人一人がいきいきと活動することが本当の

「正しい法」「真理」なのであります。

blog-P6260768.jpg

<方丈> 久しぶりの青空、気持ちいいですね。






 




 

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。