スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四弘誓願文の実践

6月21日(木)半制大攝心2日目


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 仏道というのは、毎日我々が読んでいるあの「四弘誓願文」の

実践に他なりません。これが修行の根本です。修行道場にいる間

だけなのでは決してありません。


 「衆生無辺誓願度」生きとし生けるもの、命あるものの悩み・苦しみは

限りがない。その限りない悩み・苦しみを自分は、誓って救っていきたいと

願う。これが仏道であれば、これでいいということはありまえせん。

人々の悩み・苦しみが尽きることのない限り、私達の修行も尽き果てる

こともありません。ですから、大勢の人の悩み・苦しみに真摯に

耳を傾け、謙虚な気持ちをまず持たねばなりません。


 「煩悩無尽誓願断」あらゆる悩み・苦しみの根本は煩悩であります。

その煩悩のおおもとは{自分さえよければいい}という思いです。

お互いが自分さえよければいい、楽な暮らしができればいいと

安易なことに手を出したとしたら、そこで反省をすべきであります。


 「法門無量誓願学」問題があるときに、どういう原因でそうなるのか?

やはり学ばなければならない。いろんな立場があって結構なんです。


 「仏道無上誓願成」生きとし生けるものがみんな楽しく安らかに

それぞれがそれぞれ、生き甲斐をもって命を活かせていけるような

世の中の実現を目指します。


 この4つの願いが仏道のすべてであります。この仏道の為に

自分の身を捧げて修行をするのであります。


 単蒲団(坐禅用の蒲団)の上で、眠たいから眠ってしまう、嫌だから

余計な雑念・妄想の中に逃げ込んでいてどうして仏道の実践が

できますか?

 
 単布団の上、身を捨てて無字三昧にならずして、己を捨てて

人の為に尽くしていく四弘誓願文の実践がどうしてできますか?

根本は一つであります。蒸し暑かろうが、足が痛かろうが、

辛かろうが己を捨てて成り切ってくださいますように。




 


 


 






 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。