スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

底のない桶で

6月20日(水)半制大攝心・初日


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 こんな話があります。あるお金持ちが自分の財産を譲ろう

としたが跡取りがいない。そこで跡取りに孝行息子を選びたい

と試験をしました。「底のないつるべ・桶で井戸水を汲め」という

問題を出しました。


 ほとんどの人は「そんなことはできやしない」とはじめから

やめてしまった。ただ一人の青年だけは「自分のお父さんに

なる人がそう言うのであればとたまろうがたまるまいが

一生懸命やりましょう!」と夜を徹して底なしの桶で水を

汲み続けました。


 そうなるとどうなりますか?底がある桶のようにザブザブとは

たまらない。けれども、底なし桶でも一生懸命やれば、しずくが

たまっていく。ほんの数滴のしずくがたまっていく。それをひたすら

続けていくうちに気がつけば、とうとう水が一杯にたまっていた。


 この話は禅の修行のたとえとして実によくできている。公案

(禅の問題)の修行は、大判小判がザクザクととれるようなもの

ではない。底なし桶で水を汲むがごとく一見何にも入らない。


 けれど、何事も一生懸命やっていれば自分でも気がつかない

ところにほんの一滴でもたまっているものが必ずある。ふと、

気づいたならば、その何かたまっていたものに自分の心が

潤されているのであります。

blog-P6180743.jpg

<龍隠庵> 鬼灯(ホオズキ)

(後記)

 確か、NHKの番組だったと思います。芸能人の方が

短い期間、まったく別の職業を真剣に体験する企画のもの

でした。お笑い芸人の方が中華料理のチェーン店のコックに

挑戦されていました。大きな中華鍋で、ひたすら、レバニラを

作ろうとするのですが、何度も失敗して、芸人さん気がめげそうに

なる。そこでプロのコックさんが言われたのが「あなたにとって

レバニラを作れるようになることが、これからのあなたの人生で、

役に立つかどうかわからないし、意味のないことかもしれない。

だからと言って、いい加減になったり、手を抜いてしまったら、

それこそ今やっていることが意味のないものとなってしまう。

意味があろうがなかろうが一生懸命やれば、それはあなたの

人生の貴重な財産になる」というようなこと諭していました。

なるほどと感銘を受けました。先のたとえ話と相通じるものが

ありますね。











 


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。