スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五百羅漢研究会

5月29日(火)その2


blog-P5290674.jpg

 今日は午後から五百羅漢研究会でした。専門家の

先生に円覚寺所蔵「五百羅漢図」50幅をいろいろな

角度から解説していただいています。


 数年前に円覚寺山内の和尚様を中心に始められた

この会ですが、今では管長様や雲水さんも拝聴にいらして

います。


 五百羅漢図は、羅漢の神通力や仏教史上の逸話を

基としたもの、喫茶や食事など羅漢の日常生活などが

描かれています。(1幅に10人の羅漢さん×50幅で)

500羅漢。円覚寺の五百羅漢図は、張思恭筆とされる

もの33幅(重要文化財)と明兆筆とされるもの16幅、

狩野養川筆の1幅で成り立っています。


 毎年、宝物風入れ(11月初頭)の時に一般公開

されていて間近で拝見することができます。




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。