スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯をかけて

5月22日(火)月並攝心3日目


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 明恵上人は、お釈迦様を求めながら、どうしたらお釈迦様に

少しでも近づくことができるかと生涯をかけて真剣に修行を

されました。


 上人はお釈迦を慕い、実際に天竺(インド)に行こうとされましたが

それは実現されませんでした。実際に天竺に行った方が良かったのかと

いいますとそうとばかりは言えません。実際にその天竺に行こうが

行くまいが、常にお釈迦様を恋慕する・恋い慕う、明恵上人の

行(ぎょう)・修行ぶりが実に尊いところであります。


 菩提心とは悟りを求める心であります。自分が救われる前に

まず人を救おうという心。明恵上人がどこまでも求めるものは

お釈迦様の悟りの心、つまり慈悲の心に他ならないのであります。

それをどこまでも恋い慕い求めていく。


 我々は、悟りと何ですか?とよく訊かれますが、

実際、悟りに到ろうが到るまいが、悟りを求めて日々努力

精進する行そのものが尊いのであります。


 ある方は「永遠なるものを求めて永遠に努力をする人を

菩薩という」と仰せになっています。


 悟りとは?と訊かれたら、「難しいのでわかりませんが、

しかし、その悟りを求めて日々努力をしています。」と

せめて、そう答えることができるようになりたいものだと

思っております。


 僧のあるべき姿は何であるか?どう修行したらお釈迦様に

一歩でも二歩でも近づけることができるか?それを生涯

求め続ける心が尊いのであります。

blog-P5220651.jpg

聖観世音菩薩像



 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。