スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚空を家と住みなして

5月21日(月)月並攝心2日目


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 風は息 虚空はこころ 日はまなこ

  海山かけて 我が身なりけり


 自分という小さなものに、小さな自分の小さな世界の

中で毎日あくせくして苦しんでいる。牢獄の中で修行を

していると思っていると誠に哀れであります。


 それよりも、自分が天地の主人公になった気持ちで、

禪堂で坐っていただきたい。外に吹いている風と自分の

呼吸は一つである。この広い大空と我がこころは一枚である。

あのお日様と我が目は一つである。海も山もみな我が身、

我がこころである。


  あら楽し 虚空を家と住みなして 

    須弥を枕に うたた寝の春


 このくらいの大きな気持ちで坐ってもらいたいもので

あります。


blog-P5210650.jpg

甘茶が咲きました。ガクアジサイの変種です。<黄梅院>


 4月8日のお釈迦様の誕生日(花祭り)に仏像に

甘茶を注ぎかけますが、これはお釈迦様が誕生時に

八大竜王がこれを祝って産湯に甘露を注いだという

故事によるものだそうです。



 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。