スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月9日 日曜説教(その2)

       5月10日(月)


   老師が昨日日曜説教で提唱されたことをわたしなりに

  まとめてみました。(昨日の記事の追加です。)


   これは、円覚寺中興大用国師とその母とのお話です。


 幼い頃、小僧としてお寺に預けられた大用国師は、

いわゆる「やんちゃ坊主」で、わるさををすると

ことある事にお母さんが呼び出されて和尚さんに

注意をされたそうです。お母さんは、自宅からお寺まで

20キロ近くも歩いて息子のために謝りに行ったそうです。


国師70歳のときに、お母さんは99歳でお亡くなりになりました。


国師は、そのことを和歌にしたためました。



 おとづれて いさめたまいし ことのはの


  深き恵みを くみて泣きけり


    
 (後記)

昨日は、母の日でした。

老師がおっしゃられたように

素直に「生んでくれてありがとう。」

「育ててくれてありがとう。」の気持ちを

持ちたいものです。



  

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。