スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が真実か?

4月24日(火)攝心5日目


blog-P4240548.jpg
<僧堂前>

 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 人は誰かの教え、教祖の言葉、教典に書いてあること、

昔からやっていることなどを鵜呑みにしてしまいがちですが、

何が正しいか?何が間違っていることか?何を行うことが

ふさわしいことか?それらのことは、自らが判断すべきだと

お釈迦様は仰せになっています。


 この教えがはたして自分にふさわしいか?智慧ある人や

外から見てどう思われるか?自分で判断する智慧を持つことが

大事であります。


 宗教というと何か絶対的なものにひれふすと救いを乞う

ように思われがちですが、臨済禅師は、むしろ絶対なるものを

否定して、おのおの一人一人が絶対なるものである、すばらしい

仏であると気づけと言われています。


 仏教の修行において大事なことは「信」であります。

何を信じるのか?仏や神様がてを差し伸べてくれると

待っていてもあてになりません。自らの中にある仏を

信じるのです。


 生まれてきたからには、私達はみな、生きていくだけの力

を備わっているのです。これが真理です。


 「病は不自信のところにあり」と臨済禅師は言いました。

誰もが「生きていく力」や「智慧」を生まれながらに持っているに

それが自分の中にあると信じようとしないことが迷いの原因だと。


 何が正いか?何が真実であるか?疑いの心を持ち、

お釈迦様の教えに鑑みてどうであるか?疑っていく修行で

あります。


 一呼吸一呼吸に工夫を重ね丹田に力を入れて

妄想を削り取り、自ら生まれながらに本来持っている智慧を

磨く修行です。何においても決して惑わされることのない智慧

を磨く、それが臨済禅師の教えであります。

blog-P4240545.jpg

新緑がきれいですね。<選仏場前>

blog-P4240546.jpg

<居士林正面>






コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。