スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永永と

4月20日(金)攝心初日


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 私達は今こうして頭を剃って、坊さんのかっこをして、こんな

大きな寺に住んで、何不自由なく修行をさせていただいて

います。


 大勢の方の信心を得るということは自分達一代でできること

ではありません。代々の祖師方が何百年かけて永永と修行を

されてきた、そのたまものであります。そのおかげで

こうして今私達が何不自由なく修行ができ暮らさせてもらっつて

いるのです。


 今日、仏教に対して否定的な意見もありますが、仏の教えが

人々のよりどころとなっているのも事実であります。それも代々の

祖師方が厳しい修行をして、命をかけて仏の教えを伝えてきて

くださったそのたまものであり、我々は今、その祖師方の余徳の

おかげでこういう恵まれた暮らしをさせていただいているので

あります。


 我々がこうして祖師方の語録を学ぶのは、祖師方が真剣に

修行に打ち込んだという事実、そして命がけで仏の教えを

つたえてくださったことを忘れないためであります。


 たとえ祖師方の厳しい修行ぶりには及ばないとしても

それを胸に刻み、自分を鑑みることが大切であります。

blog-P4200529.jpg

雨安居(4~7月の攝心月間)開講にあたっての

管長様の偈頌です。

「こうしてたいへん良い季節を迎えることができた。

 門を閉ざして(外に出ずに)坐禅に集中する。

祖師や仏様になる人材を打ち出すのが選仏場。

 修行者達みなよ。

 悟りの智慧という光は外から教わるものではなく

本来誰もが生まれながらに持っているもの。

禪の修行をして、煩悩・妄想・執着・余計なものを

取り除いて本来の智慧の光を発揮せよ。」

blog-P4200531.jpg

提唱の様子。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。