スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなの心の中に

3月11日(日)


 管長様が日曜説教会で提唱されたことをまとめてみました。


 延命十句観音経の一番最初に「観世音」とあります。

この一句にすべてが込められているのであります。

観音様、どうかお見守り下さいという一念であります。


 その観音様はどこにいるのでしょうか?決してどこか

遠くにいるのではありません。それでは観音様とは

何でありましょうか?


 観音経には、人々の苦しみ・悲しみのその声をきいて

手を差し伸べてくださるのが観音さまであると書かれています。


 この度の震災が起きまして、多くの人が苦しんでいる。

それを決して人ごと、他人事ではないと、その苦しみ・悲しみ

の声をきいて、「何かして差し上げられるのではないか」と

立ち上がった京都の仏師の方(わらべ地蔵プロジェクト)や

建長寺の若い和尚さんを中心とするスジャータプロジェクトの

方々、みんなこれが観音様の心そのものであります。


 観音様はおのおの、みなさんの心の中にあるのであります。

直接ではありませんが募金をなさった人、またこうして被災地の

ことを思いやって手を合わせる、それだけでも観音様の心が

宿っている何よりの証拠であります。


 めいめいのこの心こそ観音様であり、仏様の心であり

南無仏、心の一番のより所であります。

blog-P3110208.jpg

 今回の日曜説教会も400名近くの大勢の方が拝聴されました。

法話は少し早めに終わり、福居一大(津軽三味線)さんと

AZアーティスト(クラシック)による追悼チャリティーコンサート

が行われました。「アメイジンググレイス」「ジュピター」等の

曲が、日本の三味線と西洋のバイオリンなどが見事に調和

しながら奏でられました。


blog-P3110199.jpg


 管長様がこれからは「祈り」とともに「具体的な支援を!」

ということで2月下旬にとれた三陸のわかめを宣伝された

こともあって復興支援物産展も盛況でした。


みなさん、有り難うございました。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。