スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提唱 武渓集

        4月26日   摂心最終日


   老師が提唱されたことを私なりにまとめてみました。


  アングリマーラという人を何人も殺めてしまったような

粗暴な行いの者に、お釈迦様は、どのようなこころで接せられたか?


 
 どんな罪を犯そうとも、その人の本性に罪穢れは届かない。


どんな人も例外なく皆、常に清らかで安らかな仏心を持っている。


人を傷つけない、暴力をふるわない慈悲の心を。



お釈迦様は、あらゆる人にに備わっているその慈悲の心に


声をかけ、はたらきかけた。


 
 我々も、人の本心本性は、慈悲の心であると信じ

手を合わせて拝む心を持って接したいものだ。



 その為に、無心無我に徹し

いかなる人でも例外なく、本心は慈悲の心であると

ハッキリさせることが一つの務めとなる。



 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。