スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わらべ地蔵

2月9日(木)


今日は、円覚寺本山で行われた「わらべ地蔵を被災地へ

プロジェクト」に参加して参りました。このプロジェクトは、

京都の仏師・位牌師の方が、石巻市大川小の児童74名が犠牲に

なったことなど、東日本大震災によって大きな悲しみにくれる

人達に「何かできることことはないだろうか」と思いで

始められました。この仏師の方は、はじめ遺族の方にお位牌を

贈ろうと思い立ちましたが、実際に現地に行ってみていろいろと

相談してみると、それはご遺族に死を受け入れるべきと受け取られる

おそれがあるから反対されたそうです。


 そこで「人の背負いきれない悲しみを一時でよい、何かに

預かってもらうことはできないだろうか」と「地蔵菩薩(わらべ地蔵)」を

思いつきました。そして多くの人にわらべ地蔵を彫ってもらい、

それを被災地の家族を亡くされた方、特にお子さんを亡くされた方に

届け、供養をしたいとこの活動をなさっているそうです。

blog-P2090064.jpg

 最初、一番左の状態の檜を彫り進めて、最終的に右端の完成型

にしていきました。

blog-P2090066.jpg

仏師の方のわかりやすい説明と配布されたマニュアルを見ながら

作業を進めました。

blog-P2090072.jpg

みなさん、心を込めて真剣に彫っています。

blog-P2090068.jpg

出来ました!ちなみに中央のお地蔵さんが管長様作です。

blog-P2090069.jpg

それぞれがそれぞれのお顔立ちをしていますね。

blog-P2090075.jpg

 最後に完成したわらべ地蔵を前に並べて記念撮影。

これらのわらべ地蔵は、この後、3月6日に松島・瑞巌寺で

開眼法要をしてご希望される被災された方などにお渡し

するそうです。


コメント

No title

福々しい顔、力強い顔、ちょっと淋しげな顔・・・同じ説明、マニュアルでも、こんなに多彩なお地蔵さまが現れるのですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。