スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生涯修行

1月24日(火)制末攝心5日目


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 修行というものは、(生涯をかけて)長い間やっていくもの

であります。強いていえばこれでいいということはありはしない

のであります。途中と言えば永遠に途中でどこまで行っても

切りがない。それでいて「途中にあって家舎を離れず」で

ありますから、永遠に途中でありながらその一歩一歩が

完成品であり、終着点であります。


 修行には決してこれでいい、これで終わりというものは

ありはしないのであります。修行はどこまでも求めていく

続けていくものであります。


 みなさん、和尚さんになればお葬式の時に「喝!」を唱えます。

これは全力で一生懸命やればけっこうなのですが、そう簡単には

いかないものであります。


 本当にこの一喝で聞いている者の自我意識というものが残りなく

滅却しているかどうか?そんな力のある一喝が自分にはできるか

どうか?やはり生涯をかけて問い詰めていかねばなりません。


 一喝のもとに自我意識・分別・妄想があとかたもなくなくなる。

そして、この大地・世界、この世の中のすべてを我が兄弟・

我が子・我が孫と見て、いくつしむような、そんな大慈悲の心に

自分がなっているかどうか?


 この一喝のもとにここにいる人達を救いとっていくような

そんな力が自分に備わっているのか?


 (そう自分に問いかけ)「まだ足りない!まだ足りない!」と

思いながら命ある限り修行を続けていくのが私達の道で

あります。


 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。