スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禪を活かす!

1月21日(土)制末攝心2日目


 管長様が本日の僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 鈴木大拙居士が仰せになっています。

「人はみな禪の中で生きている。しかし禪によって暮らして

はいない。禪に気がついてそれを活かして生きている人は

少ない。」


 この場合の禪は、仏心・仏性と同義であります。人々はみな

仏心の中に生まれ、仏心の中に生き、仏心の中に息を引き取る。

しかし、そのことに気がついている人は少ないし、気がついても

それを活かしている人はまれであります。


 そして、仏心とはとりもなおさず慈悲の心であります。みんな

慈悲の心の中に生かされているにもかかわらずに、そのことに

気がついていないのであります。


 この仏心・慈悲の心にいかに目覚め、気づき、そしていかに

それをはたらかせていくか?であります。


 臨済・黄檗禅師のようなはげしい問答となってお互いの迷いや

煩悩を取り除いていくはたらきとなってあらわれる場合もあるし、

潙山・仰山禅師のようにやわらかくおだやかなやりとりの中で

活かしていく場合もあります。


 いろいろな活かし方があるのです。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。