スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禪とは何であるか?

1月20日(金)制末攝心初日


 管長様が本日の僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


禪とはなんであるか?これは私達が生涯かけて追い求めていく

課題であります。前管長様の慈雲老師は「禪寺、禪寺と言うけれど

そこに本当に禪はあるのか?」とよく仰せになっていました。


 八百屋にいけば野菜がある。魚屋にいけば魚があるが禪寺に

禪はあるのか?と。


 禪とはどういうものであるか?これは非常に難しい。しかし、

あのお寺は禪寺らしい、あのお坊さんは禪僧らしいところが

あると一般にも言われます。


 ある老師は「例えば、お母さんが縫い物をしていて夢中に

なって、ふと気づくと食事の支度の時間をとっくに過ぎている。

 またお百姓さんが強い雨の中、よく研いだ鎌で草刈りをしていて、

ふと気がつくともう日が暮れてしまっている。そういうときにふと

心の中によぎる満足感、{今日一日よくやった!一生懸命よくやった!}

そこに禪の味わいがあるのではないか」と仰せになっています。


 一つのことに打ち込むこと、一生懸命何かに打ち込んでふと気づくと

時間が過ぎている。そんな時にふと感じる満足感、満たされた思いが

禪の味わいの一つであります。


 禪とはなんであるか?禪寺らしさとは?禪僧らしさとは?それを

私達は常に追い求めていかねばなりません。しかし、自分に

問いかけ続けたとしても、わかるということはありません。生涯の

課題であります。


 人の評価はやはりその人が死んだ後にされるのだろうと

思います。「あの和尚はあれはあれで禪僧らしかったではないか。」

「このお寺はこれはこれでなかなか禪寺らしいではないか。」と

いってもらえるようになれば上出来であります。


 禪とは心であるとも言われます。心は大海原のようにどこまでも

広くて限りがない。この広くて限りがない心というのは、

無我の心であります。己を捨てて己を殺して、己をなくして

大自然と一つになっていく。坐禅をしたら坐禅の呼吸・姿勢の中に

自分を投げ込んで一つになっていく修行であります。

blog-P1200060.jpg

鎌倉は明け方から雪が舞い降りています。



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鈴木大拙館 -石川県金沢市-

昨年私の上司もこちらで案内しておりました、金沢市にあります鈴木大拙館。 お正月...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。