スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何もかもがありがたい

1月15日(日)


 管長様が本日の土日坐禅会で提唱されたことをまとめてみました。


 われをなくしてみれば、何もかもが有り難くなるというのが

本当の世界であります。


 われわれは、まだまだあることが当たり前の世界でしか

ものを見ていないのであります。


 ある人が本に書いておりました。

「禪の悟りとは、失って初めて気付く尊さを

 失う前に気が付くことである。」と。


 生まれること、生きること、こうしていること、そして

最期、死を迎えること、、燃えて灰になる

こと、何を見てもどこを切りとっても有り難く思えることが

真の世界であります。






コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。