スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じようが信じまいが

1月8日(日)その3


 日曜説教会の提唱その3


 一遍上人は小さなお札に南無阿弥陀仏と書いて配ること

によって念仏を広めていました。あるとき事件が起きました。

ある坊さんにお札を渡そうとすると自分は念仏を信じる心が

ないから受け取ることはできないと断られてしまいました。


 一遍上人は周りの人目もあり無理にでも受け取って

もらいましたが、はたしてこれでいいのか?信じる心のない

人にはどうしたらいいのか?と深く悩んでしまいました。


 そこで熊野大社にこもり祈っていると熊野の神様が

一遍上人の前にあらわれ言われました。

「あなたが念仏を勧めるからみんなが往生するわけではない。

阿弥陀様はとおの昔にみんなを往生・救ってくださっている。

念仏の札を渡そうが渡さまいが阿弥陀様はみんなを救って

いる。だから信じていようがいまいが、どんな人であろうが

区別なくその念仏を広めなさい」と。


 これは禪の悟りに通じるものがあります。

朝比奈宗源老師も「信じようが信じまいが

人はみな仏心の中に生まれ、仏心の中に生き

仏心の中に息を引き取る」と仰せになっています。


 一遍上人は熊野権現の教えによって

「我 生きながらにして 往生せり!」とこう気づかれた

のであります。

コメント

No title

信じようが信じまいが、ですか...
信仰心、というものを持ちきれないでいる者には(座禅会に出ているのにすみません)、何か救われる言葉です。
禅というのは、広いですね。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。