スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てて捨てて捨て得ないもの

1月8日(日)その2


 管長様が本日の日曜説教会で提唱されたことをまとめてみました。


 坂村真民先生の詩に「捨てて捨てて捨て得ないもの」という

詩があります。私達が何もかも捨てきったら一体どうなるか?

何が残るのでしょうか?


 「捨てて捨てて捨て得ないもの。

それは一遍上人にとっては南無阿弥陀仏であり

私にとっては詩であり 母(先生のお母さんのこと)に

とっては5人の幼子であった。

 捨てて捨てて捨て得ないもの。

それは人それぞれのものがあろう。

でもあくまでもそれは財産でもなく名誉欲でもなく

人の為に尽くす無償の愛でありたい。

 かつてない狂乱の時代に生まれ

静かに一隅にあって花を愛でたい。

 捨てて捨てて捨て得ないものを私は今日も

こい願う。」


 無償の愛とは見返りを求めない愛という意味であります。

仏教では慈悲と申します。何もかも捨て去って最後の残るものは

人の為に己の力を傾け尽くしていく無償の愛・慈悲・いくつしみの

心であります。とりもなおさず、仏心・仏の心であります。


 それは、お互いめいめい一人一人の本心でもございます。

それが本心であるにもかかわらず好きだ嫌いだとわがままを

いってかえって自分を苦しめ自分を見失ってしまっています。


 捨てて捨てて捨て得ないもの、それでも最後に残るものは、

人の為に無条件で何かお役に立ちたいという願いであります。













 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。