スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念ずれば・・・

1月8日(日)


 管長様が本日の日曜説教会で提唱されたことをまとめてみました。


 坂村真民先生がお亡くなりになる2週間前に「念」という

一字をお書きになりました。それが絶筆でありました。

「念ずれば花ひらく」の「念」であります。


 「念ずれば花ひらく」の詩をうたった先生が最も愛した花は

たんぽぽでした。たんぽぽ魂という有名な詩があります。


 「ふみにじられても くいちぎられても

 死にもしない かれもしない その根強さ

 そして つねに太陽に向かって咲くその明るさ

 私はそれを魂とする。」


 何もただ静かにすましこむばかりが仏心ではありません。

坂村先生は仏心を「南無」と呼んでいました。ある人が

坂村先生にとって「南無」とはなんですか?とお尋ねすると

先生は「そうですね。夜明けの空を勢いよく鳥が飛んでいく。

川が朝日に光り音をたてて流れていく。あのあふれるような

命が南無ですよ。」とお答えになりました。


 たんぽぽのごとく力強く、飛び立つ鳥のように

勢いよく念じていく。そして念じていけば必ず花開いて

いくんだと心から信じてこの一年をお互い乗り切って

参りたいと思います。





 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

文字の修正のお願い

「念ずれば花開く」は「念ずれば花ひらく」と修正してください。
「ひらく」とひらがなで書くことに、真民は意味をもたせています。
8字十音の真言と言います。漢字で書くと、7字になってしまいます。
よろしくお願いします。

Re: 文字の修正のお願い

> 「念ずれば花開く」は「念ずれば花ひらく」と修正してください。
> 「ひらく」とひらがなで書くことに、真民は意味をもたせています。
> 8字十音の真言と言います。漢字で書くと、7字になってしまいます。
> よろしくお願いします。

 失礼致しました。1月8日の記事を訂正

致しました。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。