スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臘梅(ろうばい)

1月6日(金)


blog-P1060334.jpg

今、黄梅院では臘梅が満開です。きれいですね。

そして、香りもいい!

 唐の国から来たことから唐梅とも呼ばれ、

花弁が蝋のような色であり且つ臘月(旧暦12月)に

咲くことからこの名がついたそうです。

blog-P1060333.jpg

 お正月の松竹梅の梅には臘梅を使いますが、梅の名が

ついているからといって梅(バラ科サクラ属)ではなく、

ロウバイ科ロウバイ属だそうです。

blog-P1060332.jpg

黄梅院の玄関先の千両です。

blog-P1060331.jpg

 今日も本山に寄ると勅使門前にトトロ風かなちゃんがいました。

まるで門番みたいですね。

(後記)

   今晩、僧堂では鏡開きがあり、お汁粉を作ってみんなで

  食べます。明朝は初喚鐘(はつかんしょう)といって今年

  初めての独参(禪の問題のやりとり)となります。通常の

  生活に戻ります。

   お正月気分も今日までです。

コメント

No title

謹賀新年

トトロ風かなちゃんには笑いました!
今年も心和む記事を楽しみにしています。

トトロ

ふわふわした毛は、トロロ(コンブ)のようですよ。

No title

先日はごちそうさまでした。
臘梅はなんとも言いがたい甘い香りがしますよね。
今年は、黄梅院さんと、龍隠庵さんにのぼる階段脇と、東慶寺さんの、臘梅の香りをかぎました。
どこが一番かというと・・・黄梅院の昆布茶も美味しかったし、龍隠庵さんの甘酒も絶妙でしたし。東慶寺さんの門前にあるイタリアンもBuono!でした。
一道さんも是非。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。