スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この命!

11月26日(土)摂心最終日


 管長様が今日の僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 臨済禅師が繰り返し繰り返し伝えようとしたことは、「祖仏・仏が

いったいどこにいるのか」であります。仏教の本の中にいるのではありません。

それは今ここでこの話を聞いている「それ」であります。それでは、今おのおの

この話を聞いている「それ」はなにものであるか?それは、


 (私達めいめいの)この命であります。



 この命は、無量寿・無量光であり、過去・現在・未来の諸仏もみなここに

坐っています。日本国中の八百万の神ここにましましています。極楽浄土の

阿弥陀様もいらっしゃいます。


 みなこの命・この一呼吸の様子であります。


 「赤肉団上に一無位の眞人あり」と臨済禅師は言われました。

これは、誰でも例外なくその赤い血のかよっている体の中に

すばらしいものがあるということであります。これに気が付け!と

説いて説き尽くしているのが臨済録であります。


 誰でもそのすばらしいものを持っているのに煩悩・妄想・執着

あるいは、学問や知識にくらまされてしまっています。しかし、

もう一度、この命はすばらしいものだと体得してもらいたい。


 命の尊さを百万遍唱えたとしても、それを本当に実感することは

難しいものであります。それがどういうときに尊さに気が付くのかいうと

死に瀕したときであります。病気・大けがなどでもう死ぬかもしれないと

直面したとき、その刹那に人は本当の命の尊さに気が付くのであります。


 命の尊さを本当に実感するための修行であります。


 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。