スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日作さざれば・・・

11月24日(木)摂心5日目


 管長様が僧堂攝心(11/23)で提唱されたことをまとめてみました。


 「一日作さざれば、一日食らわず」という百丈禅師の有名な言葉があります。


百丈禅師は晩年に到るまで、一生懸命、みんなといっしょに作務(畑仕事など)を

していました。(ご高齢にもかかわらずあまりにがんばっていますので、)

周りの人が、気の毒に思って作務の道具を隠してしまいました。そうすると

禅師は食事をしなくなってしまいました。「どうして、お召し上がりにならないのですか」

ときくと、「一日作さざれば、一日食らわず」とお答えになりました。


 その言葉は、「仕事をせんヤツは、飯を食うな」と人に向けてとやかく

言う言葉では決してありません。「今日仕事をしなかったならば、申し訳ない」

「今日一日、精一杯生きないならば、せっかくこの仏様の命をいただいているのに

申し訳ない」という気持ちであります。


  今日限り 今日を限りの命ぞと 

   思いて 今日のつとめをぞする


 これが「一日作さざれば、一日食らわず」であります。

 
 古人も「今日一日と思えば、どんなに辛いことでも辛抱できるであろう」

 といっています。いつもきょうが最期である、これで終わりであると思って

 、もっと言うと、この一呼吸で自分の命が尽きてもいいと思うくらい一生懸命

 今を生きてもらいたい。自分のこのいただいた力をすべて出し切るくらい

 真剣に物事に取り組んでください。

 











コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。