スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏心

11月9日(水)


 前回に引き続き、朝比奈宗源老師の提唱から「仏心」についての

お言葉です。

「われわれは良いことをした時だけ仏心の光だと思うが

そうじゃない。本当は、仏心からいうと、全部良いんだ。」


「だからどんな失敗をしたって、われわれはこの(仏心という)根源から

はずれることがない。また、どんな良いことをしたってほかの人を他所へ

放り出して、自分だけそこに入るなんていうわけにはいきはしない。

<蝦踊れども斗をいでず>という言葉がある。蝦は海老です。蝦が桶の中で

いくら跳ねても、やがて落ちれば同じ桶の中へはいる。人間は、仏心の中で

生まれ仏心の中に住み仏心の中で息を引き取る。生まれる前も仏心、

生きている間も仏心、死後も仏心、絶対に仏心からは離れませんよと、

私がいうのもそこです。」


「きれいな富士山や、美しく咲いた花だけが仏心じゃない。犬の糞も蕗の薹

も仏心だ。慈善をほどこし人に拝まれるような人だけが仏心の所有者か、

そうじゃない、(悪いことばかりしている人や大きな失敗をしてしまった人も)やっぱり仏様だ。

根本は同じじゃ。この世で(どうであっても)この生をおえて還るべきところへ

還ればみんな同じだ。禪とはこういう図太い教えです。」


「人間生きている間は、とかくいわゆる煩悩といわれる意識分別が動く。

ああじゃないか、こうじゃないかなとこう思う。がしかし、ひとたび(死に臨んだら)

どうなるか、一切のはからいも迷いも捨てて、往かんならんです。否応もなく

捨てるのです。捨てるときがくる。法然上人は、人間が生きていればいろんな

煩悩がおこるが、それはお浄土へ往く妨げにはならんと言っておられます。」


blog-PB090017.jpg

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 返信してみてください
ああああ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。