スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至誠(しせい)息(や)むこと無し

11月7日(月)その2


blog-PB070010.jpg

向かって右から「至誠無息」{至誠息(や)むこと無し}と書かれています。

円覚寺212世・堯道慧訓老師が揮毫されました。<黄梅院>

 
 至誠(まごころ)には休息が無く、その働きは永遠であり、至大の

ものであるという意味です。

 
 「中庸」という儒教の聖典の言葉ですが、仏教では「至誠」を「仏心」と

呼んでいます。


 堯道老師の法を継がれた朝比奈宗源老師は「仏心」を説かれました。

○「誰にも生き通しの大生命が具わっている。」

○「お釈迦様のお悟りの当体、即ち、今あなた方がそこで聞いている

 心の根本は、仏心です。それには生き死にはない。仏心は永遠に

 生き通しである。仏心には罪や汚れというものがない。だから仏心は

 いつでも浄らかであり、静かであり、安らかである。お互いの心の大本は

 そうだというのです。」

○「人間はこの素晴らしい仏心の中に生まれ、仏心の中に育ち、住み

 仏心の中で息を引き取る。生まれる前も仏心、生きている間も仏心、

 死後も仏心。仏心とは一秒時も離れないのです。

○戦争直後の戦死者や戦災で亡くなった人たちの遺族に向けて

「人間は因縁によって、どこでどういう死に方をするかもしれない、たとえ、

シベリアや満州で凍え死んでも、南の海に沈んで死んでも、仏心から見れば

仏心の真只中である。必ず仏心にかえって智慧と慈悲の塊りの尊い仏様に

なるんだ。地獄なんか断じて行かない。」

 





コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。