スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怠け者の瓉(さん)さん

10月24日(月)攝心5日目


 管長様が僧堂攝心で提唱されたことをまとめてみました。


 懶瓉(らんさん)和尚という方が中国・唐の時代にいました。本名は

明瓉(みょうさん)といいましたが、周りの人から「怠け者の瓉さん」と

あだ名されていました。懶とはものういとかなまけるという意味です。

 
 唐の9代皇帝の徳宗が懶瓉和尚の名を聞いてぜひ教えを受けてみたいと

思い勅使を遣わしました。勅使が懶瓉和尚の住む石窟に到り告げました。

「詔をくだしてくださった、お礼のご挨拶をしなさい。」と。和尚はちょうど牛の

糞で焼き芋を焼いてむしゃむしゃと食べていました。寒いときで、鼻水があご

までたれていました。鼻ズルズルで焼き芋を食べている姿をみて勅使が笑って

言いました。「ちょっと、鼻ぐらいふいたらどうですか。」それに対して懶瓉云く

「私は俗人の為に鼻をふいている暇はないわい!」と振り向きもせずにそのまま

芋を食い続けたそうです。

 勅使が帰ってそのことを皇帝に申し上げると、皇帝は怒るどころか

「それは見事な方であるなあ!」と褒め称えられたそうです。


 この話一つで懶瓉和尚は、千年の後も絵に描かれたり、詩にたたえられたり

と後世にに知られています。何が尊いものなのか、何が価値があるのか。

いろいろな価値観を持つことが大切であります。


 あいつは怠け者だ!というような一面的なものの見方していたのでは

大切なものを失ってしまいます。仏教のすばらしい所はいろんな立場

それぞれそれぞれの立場でみんな尊いものを持っていると見るところです。

 それぞれそれぞれが一つ一つの花を咲かせているという華厳の教えであります。


 今時の言葉で言えば「多様性」を受容することであります。そして、

「ああいう生き方もある。」、「あれはあれなりにがんばっている。」と

広いものの見方をすることで自分の中にある慈悲の心を育てることが

できるのであります。







コメント

No title

俗な話で恐縮ですが、公共のトイレを利用すると、
使い切ったトイレットペーパーの芯がそのまま落ちていたり、
洗面台が水浸しになっていたりします。

そういうのを見ると「マナーが悪い!最低な人もいるものだ」なんて
会ってもいない人を否定してしまったりしますが(-。-;
否定したところで相手がかわるわけでも状況がかわるわけでもなく。
相手を認めない、受け入れない怒りの気持ちで
自身の心が暗くなるだけなんですよね^^;

仏教には結果があるならば原因があるという「縁起」を説きますが、
いま目の前に広がる状況である「結果」に文句を言うでなく、
他者の行為によるものであれば、何か原因があってのことなのだろうと
想像力をもって寛容の精神を発揮し、
自らのことであれば原因を考え、今後同じ結果に至らないよう
改善するのが現実的なのかもしれないですね。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。