スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入制大攝心

10月19日(水)


blog-PA190625.jpg

 明日20日から26日まで、円覚寺僧堂(専門修行道場)では

「入制大攝心」となります。僧堂の門には、その看板がかかげ

られています。攝心とは、心を攝(おさ)めるという意味です。

いわば、集中修行期間となります。

ちなみに、10月20日~26日 入制大攝心

      11月20日~26日 月並(つきなみ)大攝心

      12月 8日~15日鶏鳴 臘八(ろうはつ)大攝心

       1月20日~26日 制末大攝心 と呼んでいます。

  攝心中と普段の時では、次のことが変わってきます。

 ○普段は、日中、托鉢や畑仕事などの作務をしますが、攝心中は

  それらをせずに、坐禅に集中します。

 ○普段は、だいたい午前4時に起床ですが、攝心中は3時(臘八は

  2時)となります。

 ○普段は、独参(老師との一対一での禅問答の時間)が朝晩の2回ですが

  攝心中は3~4回となります。管長様は、僧堂師家(修行僧の指導役)も

  兼ねていますので、居士も含めると20人以上の人との参禅を指導されて

  います。

 ○攝心中は毎日、管長様による提唱があります。「武溪集」を提唱されています。


管長様は、攝心中も朝晩、雲水とともに禪堂に坐られています。僧堂を出た

 和尚さんの中にも遠い所から提唱を拝聴に来られたり、禪堂に坐る方もいます。

 現役の修行僧ともども、修行の身であることは、和尚になっても変わりません。

  身の引き締まる時期の到来です。
  

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。